no

ごあいさつ

代表挨拶

これから迎えるとされる超高齢化社会は、現在の豊かな時代を築いて来て下さった諸先輩方の象徴そのものと私は考えます。その超高齢化社会を迎えようとしている今、私たちに出来ること。それは、この時代を築いて下さった方達への「感謝」の意を表した「恩返し」。私は、それを形にするために、理学療法士としての私に出来ることを模索し、リハビリ型デイサービスを始めました。この時代に「感謝」している方は私以外にも大勢いらっしゃると思います。私たちは、その想いを時代に繁栄できるよう日々精進し、邁進していきます。
センター長 田中一広

 

経営理念

ご利用者様・ご家族様の生活が豊かになる為のアシストをする

多様化するニーズに対応できるよう、パターン化されたリハビリを施すのではなく、1人1人にとってのベストなリハビリを常に求め、ご提供していきます。

「かれん」の由来

当施設は、「 caren 」の名前の由来でもある、Care(介護)、Rehabilitation(リハビリ)、Nursing(看護)の3職種が共同で利用者様のQOLの向上をサポートする、リハビリテーションに特化したデイサービスです。
リハビリテーション【Rehabilitation】とは、ラテン語の【rehabilitare】が語源となっており、【再び(re)人間らしい状態にする(habilitare)】というのが本来の意味です。
つまり、リハビリテーションとは、利用者様の機能回復のみを指すものではなく、もっと広い意味を持ち、一人の人間として、元の地域社会において自立した生活を送れるようにすることです。私たち(caren)は、リハビリテーションを必要としている方にこそ、存在価値を見出していただける専門家の集まりです。

 

デイサービスとは?

介護を必要とする方(要支援や要介護などの認定を受けた方)が通所介護事業所(デイサービス)に通い、食事や入浴などの日常生活の援助や機能訓練などを受けることができる施設で、在宅と入所施設の中間に位置するハイブリッド的なサービスです。
デイサービスでのサービス内容は事業所によって大きく異なる部分もありますが、基本的にはご自宅まで車でお迎えに行き、施設で入浴サービスや食事を提供し、リハビリやレクリエーション等を行い、ご自宅までお送りするという流れです。これに付随して、家での生活に近いサービスとして、機能の維持・改善、生活リハビリ(トイレや入浴、家事動作などの日常生活)など、ご利用者の自立支援のためのリハビリに特化したサービスを提供しているのが当事業所です。
※当事業所ではレクリエーションは行っておりません

 

ご利用者にとってのデイサービス(caren)の魅力

・生活に活力が生まれる
他のご利用者と時間を共有することで、自然とコミュニケーションをとる機会が増えます。
・リハビリテーションの充実
理学療法士が主導となり個々のリハビリプログラムを立案します。身体機能面に対する基本的なリハビリから、寝返り・起き上がり・歩行、食事や更衣、トイレ動作や入浴動作など、日常的に行う生活動作や認知症予防、さらには職業復帰など、一人ひとりのニーズにお応えするための体制を整えています。
・ご家族の介護負担の軽減
ご利用者が出掛けている間や、ご利用者自身でできることが増える事で、ご家族の負担が軽減しつつ、在宅生活を望んでいる方々がより長く住み慣れた地域で、住み慣れたご自宅で過ごすことができます。

TOP